コラーゲンを原料とする化粧品

コラーゲンを原料とする化粧品

コラーゲンはもともと非常に丈夫な繊維質で水に溶けない性質がありますので、コラーゲンを原料とする化粧品に含まれるものはすべて水溶性です。なぜなら、化粧品、美容液、クリーム、すべてにコラーゲンが入っているとしたら、繊維のようなコラーゲン原料が入っていても、その化粧品は肌に浸透しないためです。

 

水溶性コラーゲンとは、豚の皮など動物の真皮を原料とし、そのコラーゲン線維を酵素などを使い低温で溶解することで得られる、らせん構造をもつIII型コラーゲンの水溶液のことを言います。主に化粧品原料として使われています。

 

このIII型というのがポイントで、肌に一番近い型のコラーゲンなので、化粧品との親和性が強く、肌にも浸透するという仕組みです。「低温で温和な条件で溶解する」というのがポイントで、これが高温になってしまうとコラーゲンのらせん構造が壊れ、ゼラチンに変わってしまいます。

 

酵素を使い、低温で溶かす事により、コラーゲン本来のらせん構造を壊さずコラーゲンを抽出することができるのです。だから、化粧品に入っているコラーゲンで、ドリンクやパウダーで販売されているコラーゲンでは同じコラーゲンでも少々違うと思ってくださいね。水溶性コラーゲンは、不純物が非常に少ないこと、粘性が強くコラーゲンの純度が高いのが特徴です。

 

一方、魚の真皮を原料とするコラーゲンは、酵素を使わずに弱酸性の低い温度の水溶液中で溶解し、水溶性コラーゲンを作る事が出来ます。ただ、酵素は不純物を除去したり、若いコラーゲンをよく溶かす働きをしてくれます。

 

つまり、酵素によって溶解したコラーゲンの方が性質・性能的には優れています。実際の「水溶性コラーゲン」という言葉の使われ方は、水に溶かす事ができてコラーゲン由来のものであれば、まとめて「水溶性コラーゲン」と言われることもありますが、本当の意味での水溶性コラーゲンは、ゼラチンやコラーゲンペプチドとは全く違う外観や性質があるので、これらは区別されるべきものです。

 

それに、水溶性コラーゲンで化粧品の原料となるようなものは、コラーゲンの性質「らせん構造」をそのままに壊さぬよう抽出したものを言います。では化粧品原料として使われるコラーゲンはどんな特徴があるのでしょうか?

 

それは肌をもっちりさせる粘度です。3本のらせん構造III型コラーゲンですから、それぞれ水分をキャッチして少し粘度がでます。だからトロリとした化粧品が肌によくなじむのですね。女性なら手に垂らした時の感触で肌に浸透するかどうか、感じることができます。やはりさらさらの水のような化粧品ではなく、粘度の少しあるものの方がいいのですね。